医療機関で受けられる脱毛の種類について

医療レーザー脱毛は3種類ある

医療脱毛といえば一般的に医療レーザー脱毛を指します。レーザーには複数の種類があり、よく使用されるのはダイオードレーザーです。痛みを弱く抑えられますし、日焼けした肌でも脱毛できることが多いです。さらに昔の医療脱毛では難しかった産毛の処理にも対応しています。アレキサンドライトレーザーは美肌作用があるので、脱毛と美肌を両立したい人に適しています。痛みはダイオードレーザーと比較すると強いです。ヤグレーザーは硬くてチクチクした剛毛を処理するのに適しています。一方で痛みはかなり強いので、処理するときは麻酔処置が必要になることが多いです。医療機関により脱毛方法が異なるので、脱毛部位や肌質の違いにより使い分けてください。

光脱毛を受けられる医療機関も

一部の医療機関では光脱毛を導入しており、光を照射してムダ毛を減毛させます。脱毛サロンが使用する方法ですが、医療機関が導入するものは作用がワンランク上で、サロンでは取り扱いできない機器になっています。光脱毛はムダ毛がそれほど濃くない人、肌が敏感でレーザー脱毛では痛みを感じる人、脱毛に加えて美肌も追及したい人などにおすすめです。医療機関では医療資格の保有者が脱毛の対応をするので、無資格者に遭遇する心配はありません。光脱毛はほどよく減毛させたい人にも適しており、エチケットの観点から問題ない程度に減らせるでしょう。ムダ毛をツルツルにするよりも、自然な感覚を残したいと考える人は光脱毛を検討してみてください。

近年、メンズ脱毛サロンにてムダ毛のケアをする男性が急増しています。ヒゲやムダ毛などをきれいに処理することで、見た目を清潔に保つことができるのが人気の理由と言えます。